投稿小説 pipi's World

小説サイトで掲載した作品の紹介

官能小説・3月26日掲載分

作家:下衆の極みさん

官能小説(制服)
淫らな制服』の「便器」を掲載しました。

続編投稿です。

この作品にはかなり過激な内容が含まれています
18歳未満の方、過度の猥褻表現や猟奇的な表現に気分を害される方はご遠慮下さい。

作品紹介
手篭めの制服続編

便器の内容~
一時間後 

「ふっ、んぬっ、んぷ」 

そこには肉便器とかした莉緒の姿があった。 
ベットと首輪を鎖で繋がれた莉緒はベッドの上でひたすらに男の欲望を注がれた。便器は口だ。 
男達は精液を出した後もしばらく莉緒の口内を愉しみ、自然莉緒は精子を飲まざる負えなくなった...
続きはこちらから便器
最初から読まれたい場合はこちらから攫われる制服
シリーズの作品を読まれたい場合はこちらから手篭めの制服

以前ご投稿いただいた攫われる制服」の「宴会ー2」の続きとなります。
この作品は以前書かれていた『手篭めの制服』の制服続編ですので、シリーズの最初から読まれることをオススメします。 
莉緒と友人、これから男たちにどのように輪姦されるのでしょうか。

[ 2017/03/26 17:18 ] 官能小説 | TB(-) | CM(-)

推理小説・3月26日掲載分

作家:半沢柚々さん


新作の続編投稿です。

作品紹介
人気上昇の人狼ゲームをモチーフにしたデスゲーム。 
全会話形式で進行します。 
この作品は『村人』視点で読者様も一緒に推理できるような公正になっております。

~「011.見せしめ-2-」の内容~
目黒 結翔 
「う、うわあああああああ!!」 

八木沼 由絵 
「きゃあああああああああ!!」 

白百合 美海 
「あ…………あ…………」 

――(画面暗幕)―― 

このようになります。 
ご理解いただけたでしょうか ...
続きを読まれたい方はこちらから011.見せしめ-2-
最初から読まれたい場合はこちらから人狼ゲーム『Selfishly -エリカの礎-』

半沢柚々さんは、2014年の2月に初めて投稿してくださった作家さんです。
以前は、バトルロワイヤルの二次創作を投稿してくださっていました。
Sincerely -エリカの餞-
』 です。
そちらの方もまだ完結はしておりませんが、文章もお上手で読みやすいので、これからの展開が楽しみです。
今回の作品も今後が楽しみです

[ 2017/03/26 17:08 ] 推理小説 | TB(-) | CM(-)

官能小説・3月24日掲載分

作家:きのした詩織さん

新作(完結)
官能小説(女性向け)
名前も知らない人』の「優しい人に会いました」を掲載しました。

作品紹介
台風一過の朝。後片付けを手伝ってくれた男性と

優しい人に会いました」の内容~
彼には言えない。 

会って2時間の人とセックスしたなんて。 
名前も知らない人とセックスしたなんて。 

でも間違ったことはしてない...
続きはこちら優しい人に会いました
表紙から見られたい場合はこちら名前も知らない人

今回2作目となる、きのした詩織さんの小説です。
完結作となっておりますが、読んでみるとページの途中が抜け落ちています
今後、修正をされるとは思いますので、その時に再度読まれた方が良いかもしれません。




作家:吉田大學さん

 官能小説(調教)
透明の海』の朝比奈 侑香」を掲載しました。

作品紹介
モデルを目指して上京したわたしは何時の間にか深い海のような世界に捉われてしまっていた。

朝比奈 侑香」の内容~
マグナム2本を空けてダブルマグナムを注ぐ頃には朋美は完全に出来上がっているようだった。 

「もう飲めなーい」 

レーストップの両腕を伸ばし背凭れで伸びをするように身体を大きく伸ばして無防備に目を閉じていた。飲んだふりをしていたわたしは全く酔ってなく酔いの回った朋未を厭らしく眺めていた。若く張りある胸元は柔らかく膨らみフレアスカートから伸びた太腿は瑞々しく柔らかそうな張りを保ちシューズから競り合がる脹脛の筋肉が卑猥な形で塊を魅せつけ、わたしの欲情を誘い続けていた...
続きはこちら朝比奈 侑香
最初から読まれたい場合はこちら透明の海


吉田大學さんの新作の続編です。
吉田さんは更新が多めなので、早く続きが読みたい方にはもってこいです 
タイトルが同じものが多いので、お間違えのないようお読みくださいね 

[ 2017/03/25 17:25 ] 官能小説 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
プロフィール

ぴぴ

Author:ぴぴ
PiPi's World『投稿小説』
無料小説投稿サイト
『PiPi's World』の管理人ぴぴです。
基本的にその日に掲載した作品の紹介をしていきます。
さまざまなジャンルの小説を扱っていますが、圧倒的に官能小説が多いサイトです。
書籍化されるほどの実力派作家さん達もいらっしゃいますので、お気に入りの作品を是非見つけてくださいね。
自身の作品を発表されたい場合もお気軽にどうぞ。

twitteFacebookではほぼ更新情報しか載せていないので、こちらでは自身のことも載せていくかもしれません。
どうぞよろしくお願いします。

最新コメント